アフィリエイト
アフィリエイトとは

アフリエイトとは企業の宣伝代行により 商品が売れたら、手数料をいただく仕組み です。

代理店ににていますが、在庫リスクなどは 一般的にはおいません。

具体的には、企業が宣伝したい商品やサービスのバナーやテキスト広告をブログやホームページに貼り、 バナーがクリックされて、商品が購入されたり資料請求がされた場合、 その提携している企業から、宣伝 費用として報酬がもらえます。

これをアフリエイト(アフィリエイト)といいます。

ブログやホームページ運営者、メールマガジンの発行者にも簡単にアフリエイトは参加できます。

その他得意技や趣味などの生かした情報ページをもっている方もそのサイトを上手に活用すれば 収入をえることができます。(たぶん。。。)

アフリエイトをはじめるには、その運営会社に 登録するのがてっとりばやく、商品も多数選べます。

現在は多くのアフリエイトがありますが
a8.net / リンクシェア / バリューコマース / JAnet / アクセストレード / 電脳卸 などが大手といわれるものでしょう。

アフィリエイト料金

アフリエイトは広告代理店が仲介的な立場でやっているものと、いわゆる楽天アマゾンなどの会員をたくさん持っているサイトが会員サービスのために提供しているものと、大きくいって2つあります。

1つめに広告代理店のアフリエイトに参加する料金というのは、自分が商品を販売してほしい側であれば、初期費用(0から数十万程度)をはらいます。いわゆるアフリエイト業者さんの(a8.net / リンクシェア / バリューコマース / JAnet / アクセストレード / 電脳卸 などなど)仕組みを利用するわけです。

ですので、利用されたいかたはアフリエイト業者さんを比較して、ご自分にあった会社を選択しましょう。

検索エンジンで「アフリエイト 比較」などの言葉をいれれば、いろいろなサイトで、アフリエイト業者さんの比較がされていますので、参考にしてください。

自分で商品の販売をして、アフリエイトの手数料が得たい方も上記の方法で、調べてみてください。数千円以下という方が圧倒的に多いような感じですが、いわゆる成功者といわれる方は月額100万円とか稼いでいらしゃるようですから、がんばりましょう。

さて、会員さんなどがいらして、独自にアフリエイトをはじめたい方は、独自にシステムを導入しなくてはなりません。独自のシステムなので、この商品を扱ってくださった方には何%とか、自社内でいろいろ自由に設定ができます。

どこまで独自仕様に変えたいかにもよりますが、導入費用は100万円程度〜ではないでしょうか。

アフリエイトの事例

さていわゆるサイトで会員サービスのために提供しているアフリエイトの事例を考えましょう。
英語のような教育の商材をあつかっているサイト様を、私どもが導入をお手伝いしました。

代理店が多くお持ちのことで、代理店さんごとに還元率をかえたり、友達のお友達まで、紹介費用を支払えるようにしたり細かい設定を行いました。使い方によっては、さらなる売上アップのツールとして考えられますね。

マスコミリリース
マスコミリリースとは

自社商品や新しいサービスが毎日無数に登場しています。 絶対に売れる!と確信していても予測がはずれたという商品・サービスはたくさんあります。

うちと似た商品なのになぜ売れないんだという悩みもあるでしょう。

「商品が売れるには?」

あえて誤解をおそれずにいいますと、商品の中身はあまり関係ないといえるのではないでしょうか。 商品が売れるのに一番に必要なことは、ずばり宣伝です。ただお金も湯水のごとくにかけられないでしょう。

リリースというのは新商品やサービスのPRの文章を作成し、掲載いただけそうな雑誌や新聞にFAXをして、その後掲載を再プッシュいたします。文章作成や媒体の選択、FAX作業などすべて含まれます。

リリースというのは、うまくいけば有名な雑誌やメディアに無料でのります。その紙面の広告上価格を考えればこのようなリリースにのるとかなりのコストが得になることがわかります。

弊社のマスコミリリースサービスは3コースありますが、ご予算にあわせて最適な媒体をチョイスしてリリース文章を作成してFAXするというのがマスコミリリースサービス「ちょっとのせてね」となります。

マスコミリリース料金

マスコミリリースサポートパックは

  • リリース文書作成
  • 媒体セレクション20社
  • FAX配信
  • 電話対応
  • 結果レポート

で15万一式です。

媒体数を増やすことや郵送の対応もご希望 によっては可能です。

マスコミリリース事例
  • Cサイトで会社設立お客様キャンペーンを実施。 各メディアに取り上げられ 応募者数も当初の予定数を上回る反響だった。
  • IT関連企業のセミナー開催リリースを配信。 各媒体でセミナーを紹介され セミナー当日はマスコミ取材を 受けました。