求人雑誌に登録してもいい人材が確保できない!という声をよく耳にするようになりました。

確かに売り手市場であり、よい人材を確保するのは難しいようです。かといって人材がいなければ、良質の仕事をすることもままなりません。

であれば目先をかえてみてはいかがでしょうか。

今の時代、アルバイトと正社員の間で仕事の内容がかわらないケースも多々あります。

であれば、一度仕事の棚卸しをしてみましょう。本当に人材が必要であるのは正社員か、アルバイトでも十分まかなえるのか仕事の内容で、きっちり考えることが必要です。

アルバイトでも十分となったときは、では今度はその仕事のこなし方を再度考えます。

こなし方というのは、その仕事が果たしてその時間中、企業に拘束しなくてはならない仕事なのか、ということです。正社員でなくてもアルバイトでもいいのであれば、さらに考えを発展させて、その仕事を請負業務として請負わせることを考えるわけです。

請負として考えた途端、あら不思議ですが、ネット上を探すだけで、「***のような仕事がしたい」と書いている人がたくさんでてきます。実績やプロフィールも書いてあることが多いのですから、自分でスカウトして、まず会ってみたいならどこかで会ってみればよいではないですか。

ただし、ネットですので、必ずしも所在地が近いとは限りません。
まず会えることが前提であれば、所在地も判断材料として最初にいれましょう。

ネットで人材ナンパ!もこの人材不足時代に及んでは、経営者や担当者の必須スキルではないでしょうか。


仕事を請負わせる事のメリット

  • 時給ベースでの支払いにならないのでコストが明確になる
  • アルバイトを管理する側の負担が軽減
  • 仕事の質で管理するので、できが悪いようであれば、やり直しさせることが可能

仕事を請負わせる事のデメリット

  • 傍で指導できない
  • 意思の伝達がすぐにはできない場合がある

そうはいっても、やはりネットで人材をスカウトするのは怖いという方は、ぜひ弊社のネット派遣をご利用ください。ご要望のスキルにあわせて、適切な人材をご紹介いたします。ただし派遣といっても人材は御社に常駐はせず在宅勤務が基本となります。